10
10月
2016
**** 歌とリュートの公開レッスン ****

10月 10., 2016. 10:00 - 20:00

(Save to cal)

えびらホール, 品川区



**** 歌とリュートの公開レッスン ****

2016年10月10日(祝) 10:00〜20:00
会場:えびらホール (東急大井町線、池上線 旗の台駅東口徒歩6分)
講師:鈴木美登里 (ソプラノ)、 今村泰典 (リュート属の楽器及び通奏低音)
内容:リュートソング、リュート、ギターで伴奏できる通奏低音の曲、モンテヴェルディ、フレスコバルディ、ディンディアなどのイタリアン・モノディ、パーセル、リュリ、シャルパンティエ等。またロマン派、近代のギターで伴奏できる曲。
*リュート、テオルボ奏者および歌手が必要な場合はこちらでもご紹介できますのでご相談下さい。
定員:受講 歌・リュート(ギター)各9名 (グループは1名として数えます)、 聴講 25名程度
受講料:1人15,000円 2重唱:25,000円 3人以上のアンサンブル 30,000円
聴講料:4000円
申込み・問合せ:オフィス・サワイ tel:042-394-9199 / fax:042-394-9040

講師プロフィール
鈴木美登里 
 京都市立芸術大学声楽科大学院修了後、兵庫県芸術文化海外留学助成金を受けオランダに留学。グレゴリオ聖歌からバロック期に至る古楽声楽とアンサンブルのスペシャリストとして国内外の古楽グループのソリストとしてコンサートツアー及びレコーディング活動に参加。2000年に帰国してからは、特に初期バロック期のソロ声楽曲及びマドリガーレの研究に力を注ぎ、コンサートや講習会など積極的な活動を展開している。声楽アンサンブル「ラ・フォンテヴェルデ」 www.lafonteverde.com 主宰。

今村泰典
 スイス、バーゼルのスコラ・カントルムを卒業。在学中から数少ないソリスト、通奏低音奏者として各地の音楽祭に招かれ、C.バルトリ、T.ベルガンサ、J.ノルマン、G.レーヌ、M.ミンコフスキー、W.クリスティー、A.カーチェス、M.シュテーガーなどとも共演し、CDも130枚以上録音する。1997年に自ら「フォンス・ムジケ」を結成する。フランス、ストラスブール国立音楽院リュート科教授、ド イツ、フランクフルト国立音楽院リュート科講師。 www.yasunoriimamura.com