「~オリジナル楽器で聴く、ブラームス」 鈴木秀美特別寄稿 いずみホール情報誌に掲載

 いずみホールの情報誌「Jupiter」最新の2017年8月9月号に鈴木秀美の特別寄稿文が掲載されました。今年11月に同ホールでヴァイオリンの佐藤俊介、フォルテピアノのスーアン・チャイらと行う公演に寄せて、オリジナル楽器で弾くブラームスの室内楽の魅力について綴っています。同ホールのご好意により、掲載誌面を転載します。

誌面画像へ

 公演は11月18日16時開演です。チケットなど詳細は同ホール→http://www.izumihall.jp/schedule/concert.html?cid=1497</a></p>"